知で、KADOを建てる。

カルチャーや作品は人が作る。作品を生みだすチカラは、人それぞれのEdgeにある。Edgeは人の個性だ。エンジニアリングにはEdgeをつなぎ、価値に変えるチカラがある。最新のデジタル技術を駆使し、KADOKAWAグループのEdgeを最大化させたい。人と人、コンテンツとユーザーをつなぎ、魅力的なEdgeを創りながら、未来にConnectしていく。それがKADOKAWA Connectedの意志。

Scroll
ところざわサクラタウン
©Nagaru Tanigawa, Noizi Ito/KADOKAWA
©2020「Fukushima 50」製作委員会
©Kafka Asagiri / ©Sango Harukawa
Photo_ Tomooki Kengaku
©Ryoko Kui

未来につなぐ
日本文化の創出と発展、
その価値創造に
エンジニアリングで挑戦する。

KADO of KDXEdgeを磨き
課題と向き合い
未来を創る

RECRUIT人の心を豊かにする
エンターテインメントの創出、
その価値創造を共に。

KDXはエンジニアとして挑戦しながら成長できる場、
そこに喜びがあります。

ENGINEERING BLOGLEARN ABOUT KDX.

  • KDX道場DX人材の育成サービス提供